So-net無料ブログ作成

<ロボットには出来ないこと> [日々の出来事]

モリーフ佐藤です(^_^)
雪の被害が甚大です。保険会社も雪災害の対応でパニックのようです。
古いお店のひさしやアーケードが潰れています。カーポートにも注意しましょう。
ーーーーーーーーーーーー
<ロボットには出来ないこと>
土曜日に、香取感動マネジメントの香取貴信さんの話を聞いてきました。
ディズニーランドで働いた8年間に何度もスタッフ表彰され、著作にはベストセラーになった『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』があります。
ハイテンションな方です(^_^)
その中で、絶対に人間にしか出来ないサービスは何でしょう?という問いかけがありました。

なんだと思います?

それは「お客様の気持ちを察する」ということ。

不安な表情、迷っている動き、イライラした仕草、心配を抱えた心。これらは機械が進化しても察することは出来ません。

汗をかいていること、脈拍数が増加しているとかで、「アナタハキンチョーシテイマスネ!」と判断することは出来ても、その人の心に寄り添った言葉をかけることは出来ません。

ここに、人間にしか出来ないサービスがある、と香取さんは言われていました。

困った時に、さり気なくスッと手を差し伸べてくれるって嬉しいし、ありがたいですね。ありがたいの反対は「あたりまえ」ですから、「あたりまえじゃない」ということ。
つまり、特別ってことです。
特別な人には、特別にしてあげたいと思うのが人情ですよね(^_^)さり気なく心に寄り添える人や会社は周りからも大切にされるのでしょうね。
「経営も恋愛も、大切なのはマーケティングだよ」と言う人もいますが、その割には最後の決断は数字じゃなくフィーリングだったりしませんか?(笑)

自分は気が利かないからダメ…と思う方も(私も含めて)心を寄せる事からなら出来るかな、と思います。

さり気ない人になれるよう、小さな一歩を今日この時から。ですね(^o^)/
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 3

ロートルレーサー

モリーフさん、こんばんわ~、久々にのコメントです(^^)
>それは「お客様の気持ちを察する」ということ。
>「経営も恋愛も、大切なのはマーケティングだよ」と言う人もいますが、>その割には最後の決断は数字じゃなくフィーリングだったりしませんか?(笑)

私も大いに同感で、おっしゃる通りだと思いますね。

モリーフさん、私は我慢に我慢をしてきましたが、私の損保代理店担当のNA女史とYO氏の代理店対応及び千葉支店業務担当の度重なる無能さには我慢の限界を超えましたよ~(^^)。

私も、仕事と仲間関係含む人生経験はそこそこにあると自覚していますが、千代田火災以来の40年の損保代理店経験で、知識と代理店対応能力不足を感じた担当は数人いましたが、全てが担当女性の能力不足であり、女性担当で優秀と感じたのは40年の代理店経営で西野と小泉女子のわずか二人ですかね。

その他は全員がそこそこどまりで究極的には対応不能、男子担当はまあまあ無難が多く、駄目男子は一人のみで、男子は優秀な対応能力ありの担当が数多くいましたね。

しかししかし、現在の担当に至っては40年で最悪の男女担当コンビ(^^)
Yo氏に至っては風体と表情とは全く別物で業務怠慢甚だしく、言い訳のみの完璧最悪駄目担当男とはっきり言えます。

別件ですが、私が千葉支店に保険料率の対応を訪ね、帰ってきた答えを検討し不振に思い、再度千葉支店に再検討を求めると、回答は同じ??

しかたなく、回答通りの料率で保険証券を作成し計上寸前で、しばし思考し、どうしても納得がいかずに思いとどまり、千葉支店に再度TELし「
納得がいかないからもう一度業務に確認を取ってくれ」、3回目に帰ってきた答えは、納得がいかずに2回も確認を取った初期の答えとは別物で、私が最初の答えに疑心をいだいていた通りの結果でした。

これ等の結果を分析すると、千葉支店は代理店に全てを任せる業務怠慢に陥っていると考えられ、業務担当社員の知識力不足と代理店対応能力含めて、千葉支店長の職務怠慢による驕りと監督責任は大きいと思いますね~。

私がここ数年に亘る千葉支店の業務怠慢と遵法無視を報告し、結果が公として通った場合は、当然みちのく汚染地域か、極北の最果て支店へ左遷、もしくは依願退職が当然でしょう(^^)。

千葉支店業務担当と、それらを統括指揮する千葉支店長含めて、今回私の担当のN女史とY氏は、私の40年の保険代理店業務を通じて最低最悪のコンビネーションでした~(--)。

この私の意見は、本日担当のYoSi氏に直接に話して全て伝えてあります。

これ以上千葉支店に改善が見られない場合は、金融庁に告発することも考えています(^^)

私は我慢強いと自称思っているのですが、保険会社の横暴には我慢も切れましたね(^^)
by ロートルレーサー (2014-03-07 20:43) 

moleaf

>ロートルレーサー様
お元気ですか?
同じ立場の者として、お気持ちお察しいたします。
ご心労で、楽しみにしておられる晩酌の味に影響が無いか、
それだけが心配です。
我慢強さが無理にならぬよう、お体には気を付けて下さいね〜!
moleafより
by moleaf (2014-03-13 22:11) 

ロートルレーサー

>楽しみにしておられる晩酌の味に影響が無いか、心配です。

お察し通りで、我慢続きでは当然の如く晩酌が美味しいわけがないですよ(^^)
YO氏とNA女史の改善を期待していましたが、我慢もし続けまして限界ですから、今回だけは我慢は止めまして他社と乗合することに決定しました。
私の場合は保険はあくまでサブですからね、YO氏とNA女子には何度も忠告していたにもかかわらず改善はなしで、相変わらず対応不備が続いていたID損保に義理立てする理由はなくなりました。

ID損保の対応を見ていると、損保代理店はトヨタの下請け企業と同等の立場だと勘違いしているのではと思われますね。
勘違いの思い上がり甚だしいですね、トヨタの下請けが泣かざるを得ない状況には同情しますが、私等損保代理店は下請けとは違いますからね、他社との乗合も考えていると言えば他の損保会社は当然大歓迎しますよ。

まあ...どこへ移っても問題は発生することは理解していますが、その時はその時で、今回だけは積もり積もっての我慢も限界でしたから、今後の対応が難儀なことも納得で、ドライに対応しなければ自分がつぶれてしまいますからね。

私は、保険業務に関しては、手数料に照らして業務過多になってきた数年前から未練はありませんから、今後の煩わしい事は仕方なしとサバサバとしています。

保険代理店乗合依頼を提出した途端に、年に数回しか来社しなかったYO氏が私の事務所に頻繁に訪れ、乗合の撤回要求と、「今後は対応を改めサポートに万全を尽くし、NA女史の担当も外すから」と(大笑)。

私の担当のYO氏とNA女史に関しては、40年の代理店活動にて最悪コンビでした。

金融庁指導による大型合併で、保険会社は潰れる事はないと言う驕りからくる業務怠慢甚だしく、全ての前線営業を代理店任せにし、且つ代理店を意のままに操り、高級をむさぼる疑似官僚体制に溺れてきているのでは?。

支店長の業務管理指導不足と、ID損保の業務体質に大きな疑問符がつくとのでは思っています。


by ロートルレーサー (2014-03-14 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0